国際

Apple、2013年の「App Store」売上高が100億ドル突破、12月だけで10億ドル

mm
Written by Alan Chiu Tsang

米Appleは現地時間2014年1月7日、iOS向けアプリケーション配信/販売サービス「App Store」の2013年における売上高が100億ドルを突破したと発表した。12月だけで10億ドル以上を売り上げたという。

昨年12月のアプリケーションダウンロード数は約30億本にのぼり、「Apple史上、最も成功した月となった」としている。

app_store1

インターネットソフトウエアおよびサービス担当上級バイスプレジデントのEddy Cue氏は、「App Store開始以来、2013年が最高の年になったことを、顧客に感謝したい」と述べた。

Appleは、昨年大成功を収めたアプリケーションの多くが米国外の開発者によるものだったとして、「Candy Crush Saga」(英国)、「パズル&ドラゴンズ」(日本)、「Minecraft」(スウェーデン)、「QuizUp」(アイスランド)、「Clumsy Ninja」(英国)を例に挙げた。

AppleはApp Storeでの売上高の30%を徴収しているため、2013年に同社がApp Storeから得た収入は約30億ドルとなる。またAppleは、これまでアプリケーション開発者に支払った分配金が150億ドルに達したことを明らかにした。

App Storeは現在、世界155カ国でサービスを展開し、「iPhone」「iPad」「iPod touch」向けに100万本以上のアプリケーションを提供している。そのうちiPadに特化したものが50万本以上を占める。

About the author

mm

Alan Chiu Tsang

Alan is a freelancer photographer and author for FutureHandling.com. He also contributes to several other websites, including Magario and Magario’s business partners.